誰でもできるセフレの作り方!セフレにしやすい女の子の特徴まとめ

更新日:

誰でもできるセフレの作り方!セフレにしやすい女の子の特徴まとめお付き合いといったきちんとした関係でなく、身体だけの付き合いであるセフレを欲しい!と思っている方も多いのではないでしょうか。

仮に彼女がいても

「まだまだ遊び足りない」
「デートにお金がかかる」
「男としてのスキルをあげたい」

こう思っている男性にとっては物足りないですよね。

それではどのようにすればセフレを作ることができるのでしょうか?

今回はいくつかあるセフレの作り方とその中でおすすめの方法についてお伝えします。

セフレになれる男性とセフレにしやすい女性の特徴なども紹介しますので、ぜひ参考になさって下さいね!

そもそもセフレを作れないのはなぜ?3つの原因と対策ポイント

多くの男性にとってセフレがいることは夢のひとつですが、それと同時にセフレを作れない男性がほとんどかと思いのも事実です。

その原因となる3つの要因について解説していきます。

アプローチする女性がセフレ向きでない

世の中には真面目でお付き合いしてからでないとエッチをしない子から誰とでも一夜をともにできるいわゆるビッチまでさまざまな女性がいます。

セフレが欲しいのにガードが堅い子を相手にあの手この手を使っていても、まずセフレになってくれないでしょう。

対策ポイント

これは後述しますが、セフレにしやすい特徴をもつ子をターゲットにしましょう。

最初から成功率が低い相手よりもある程度の見込みがある女性を狙うほうが効率がいいですよ。

セフレにする方法が自分にあっていない

どのような手段でセフレを作るのかというポイントセフレができない原因に大きく起因します。

例を挙げると話下手なのにナンパしたり、集団での会話が苦手なのに合コンをしたりなどです。

対策ポイント

自分が得意なコミュニケーション方法や今まで一番女性と上手くコミュニケーションできた方法を思い出してみましょう。

それらをヒントにセフレの作り方を見直すと自分に向いている方法がわかりやすいです。

もしコミュニケーション能力に自信がない方であれば、メールやチャットから初められる出会い系サイトや恋活アプリがおすすめです。

一夜限りの関係になってしまい継続できない

女性といい雰囲気になってその日にエッチすることはできたけど、一晩だけの関係で終わってしまうという方もいるかと思います。

セックスの後に満足してしまってそっけない態度をとってしまったり、「セフレにならない?」と直接的な表現で誘ってしまうことなどに問題があります。

対策ポイント

女性を性欲発散の道具としてみるのではなく、1人の人間として尊重した接し方が必要です。

セックスを済ませたら寝てさっさと帰るのではなく、ピロートークでしっかりとコミュニケーションをとりましょう。

一緒にお風呂に入ったり、体を洗ってあげたりするのもおすすめです。

また、女性に「私達の関係ってセフレ?」と聞かれても直接的に答えず、「友達以上恋人未満かな」とお茶を濁すようにしましょう。

セフレにしやすい女子の4つの特徴

セフレにしやすい女子の4つの特徴

さて前項の現任その①では女性がセフレ向きか否かが大切であるとお伝えしました。

ここからは、どのようなタイプの子がセフレにしやすい、向いているのか、その特徴について4つのポイントに分けてまとめました。

寂しがり屋である

友達が少なかったり、人間関係が希薄な女の子によくみられる傾向で、エッチよりかは一緒にいることで寂しさを解消できることが目的な場合もあります。

また、家庭が複雑であったり、家族と仲が良くない子も、この寂しがり屋であるケースが多いです。

初回のエッチをしてしまえば、向こうから寂しい時に連絡をくれたりする場合もあり、関係を維持しやすいのも特徴です。

ストレスが多い環境にいる

仕事や人間関係などでストレスが多い女性は、やはりそれをどこかで発散しないとやっていけません。

そういったストレスのはけ口を求めている子であればセフレにできる確率は高いです。

特にお酒との相性は抜群で、居酒屋などで愚痴を聞いておけばホテルへ誘導することも容易です。

本人をとりまく環境はなかなか変わらないので、定期的にストレス発散としてエッチをすることができます。

下ネタが好き

下ネタに耐性があるどころか一緒に楽しんで会話してくれるノリの良い女はセフレにしやすいです。

性に開放的ですのでノリでエッチになる場合も充分にありえます。

また、自ら軽い下ネタを言ってくる女性であれば、むしろ誘っているということも。

最初は軽い下ネタから初め徐々に彼女のエッチの体験談などの話をしていくのがおすすめです。

経験人数が多い場合は、エッチで満足できないとその後の関係を維持するのが難しい場合があります。

押しに弱い

押しに弱い女性であればその場の雰囲気や流れでエッチへ持っていくことができます。

その後もアポイントをとりやすいのでセフレに向いているといえます。

ホテルへ誘う前に小さい要求を繰り返して(例:「ガム買ってきて」など)おきしょう。

そうすることで女性が押しに弱いかという判別と、誘いに対してNOと言いにくくすることができます。

上記はあくまでも一部ですが、代表的な例をいくつかピックアップしてみました。

1つの特徴だけでなく複数該当する場合はかなりセフレにしやすいです。

目の前にいる女の子がどのタイプに該当するのかしっかりと観察しておきましょう。

セフレになれる男性の3つの特徴

セフレになれる男性の3つの特徴

ではセフレにしてもいいよ!という男性に共通している点は何があるでしょうか?

セフレになるには都合の良い男になる必要がありますので、女性が求める欲求を発散、消化してくれるというところにあります。

下記はその具体的な例ですので、参考にしてみてくださいね。

楽しませてくれる

面白い話をしてくれたり、ちょっと変わったエッチが好きだったりと刺激があって楽しい男性は女性からみて貴重な存在です。

サービス精神が旺盛な方はセフレにしたいと思ってくれる女性も多いです。

女心をわかっている

エッチをするだけの相手としてでなく、ちゃんとレディファーストをしてくれたり、褒めてくれたりする男性は女性からみてもセフレの候補になりえます。

わざとらしくない気遣いができるという点はセフレが欲しい女性にとってかなり高ポイントですよ。

セックスがうまい

これは必須というわけではありませんが、女性の精神面を満たせるスキルに加えて、セックスがうまいとあなたにハマッてくれる可能性は大です。

なにもセックスがうまい=長時間の挿入やアソコが大きい人というわけではありません。

  • 指やおもちゃでイカせることができる
  • 興奮するシチュエーションを作り出せる
  • 舌使いがうまい

このように努力次第で習得できる方法で満足させてあげることも可能です。

お酒が好きである

エッチ目的のために会って、事が終えたら解散というのは精神的にキツイですし、味気なさすぎます。

一緒に好きなお酒を飲んで精神的に気持ちよくなってからベッドインという流れであればセフレという関係を楽しんで続けることができますよね。

口が堅い(情報を漏らさない)

お互いに共通の知り合いがいる場合ですと口の軽い男はセフレNGとなってしまいます。

「あいつと寝たって言いふらしそう」というイメージを持たれてしまうと、まずセフレにするには無理でしょう。

女性との会話中は同僚の噂話やゴシップ話は控えるようにしましょう。

セフレを作るならやっぱり出会い系サイトがおすすめ!

セフレを作る上でハードルが最も低いのは出会い系サイトや恋活アプリを活用することです。

そして何より、数ある方法の中で「最も効率良く」セフレを作ることが出来ます。

後ほど出会い系サイト以外でセフレを作る手段をお伝えしますが、それらと比べると遥かに楽チンです。

なぜかというと

  1. たくさんの女性がいる
  2. スキマ時間にできる
  3. 使うお金が少ない

こういったメリットがあるからです。

たくさんの女性がいるということは当然、自分が求めるセフレになってくれる相手がいる可能性も高いです。

人気のサイトであれば会員数が100万人以上はいますから、地方でも問題ありません。

しかも、アプリを開けばチャットやいいね!でアプローチをすることができるのです。

テンプレートを用意しておけば一斉にメッセージを送ることも可能です。

コスト面でも優秀でポイント制であれば月3,000円でも充分にやりとりができますし、定額課金制であれば月4,000円で使いたい放題です。

ただ、メリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。

それがサクラや業者の存在です。

サクラや業者はちゃんとした会員ではなく、別の目的で登録・利用しています。

そのため、メールでやりとりをしても決して出会えることはありません。

しかし、プロフィールがモデルのような美人すぎる画像を使っていたり、エッチを匂わせるようなことが書いてあったりかなり見分けやすいです。

これさえ把握しておけば出会い系サイトや恋活アプリは、セフレを見つけだせる格好のポイントなのでおすすめですよ!

その他のセフレの作り方①合コン

友人や会社の同僚間の知り合いを集めて行う合コンでの出会いからでもセフレを作ることは可能です。

出会い系サイトとは違い、最初から対面で、しかもお酒を飲みながらコミュニケーションをとることができます。

デメリットとしては当たりハズレがあり、さらに最低1.5~2時間は拘束されるという点です。

1対1なら自分の都合で解散するのは簡単ですが合コンですと複数人ですのでマイペースに行動するのが難しいです。

また、お互い共通の知り合いがいるので、自分のかなりプライベートな話が流れてしまう危険があります。

どんな趣味かだけでなく、エッチのこともバラされる可能性もあるのでそれを覚悟した上でセフレにするか信頼関係を良好にしておく必要があります。

そういった点が気になるのであれば「合コンセッティングサービス」というものもあります。

合コンしたい男女2~3人で登録するサイトで、1回4,000円~6,000円の仲介料がかかります。

飲食代とは別なので1次会の時点で1人あたり1万円ほどかかってしまうのが難点です。

その他のセフレの作り方②ナンパ

街で見かけた子やコンビニ、居酒屋の店員さんへのナンパもセフレを作ることができる方法の手段です。

しかし、難易度はかなり高いといっていいでしょう。

最初のうちは100人に声をかけて無視されても当たり前ですので、強靭なメンタルが必要です。

仮に連れ出すことができたとしても、そこからいい雰囲気へ持っていくという別のスキルが必要になってきます。

また、エッチの直前で「やっぱりやめとく・・・」といってグダるケースもあり、その対策もしなければいけません。

スキルが身についてエッチできるまで時間がかかるので、セフレを作ることができる方法のひとつではありますが相応の覚悟がいります。

修練を積めば”好みの女性を落とせる”というかなり大きなメリットがありますが、お手軽に初められるとはいえません。

その他のセフレの作り方③キャバクラ

キャバクラで働いている女性は外見も整っているだけでなく、スタイルもいい子がほとんどですよね。

そんな相手をセフレにできたらいいですが、難しいです。

不可能ではありませんが、かなりの時間とお金を割く必要があります。

キャバ嬢に魅力的に見られるには、やはりある程度の金銭的余裕を見せる必要があるので1回で1万~2万円は飛んでいきます。

それが数回となるとかなりの出費ですし、時間もかかります。

キャバ嬢は売上成績を上げるべく、長く通って貰えるように相手に恋愛感情を抱かせるようなテクニックも使ってきます。

自分のトークで彼女を惹きつけているように見えて実は手のひらで踊っていただけなんてこともありえます。

セフレを探す場というよりは金銭的に余裕がある大人の遊び場として捉えておいたほうが賢明といえます。

まとめ

セフレの作り方についてそれぞれ比較してきましたが、いかがでしたでしょうか。

さまざまなやり方があったかとは思いますが、やはりまずはお手軽にスタートできる出会い系サイトの利用がおすすめです。

たくさんの会員がいるサイトを選べば好みの女性が多くいますし、すぐにでもアプローチできます。

コスト面で見ても1ヶ月数千円ですからかなりパフォーマンスは良いです。

まずは出会い系サイトに無料登録してを覗き見してみるところから初めてみましょう!

安心安全の出会い系人気ランキング

-不倫・浮気・愛人

Copyright© 出会い系サイト・アプリ人気ランキング , 2017 All Rights Reserved.